実在の動物たちが店長さんをつとめるドット絵仮想商店街、メルモール。

2024.07.14

メルモール お品書き

2024.07.04

メルモール山笠

メルモール

> キャラクター紹介

> コミックス > 動画(準備中)

「メルモールハック」では、あなたのお悩み対策や、目標達成へのヒントになるようなものたちです。これらの情報やお話は、すべて無料で提供します。

すべて無料で提供します。ここは、Doing(目標達成)についてのページです。ハックのトップへ戻る

目標達成に必要なアイテムを知る→コントロール出来る・出来ないアイテムを知る→コントロール出来るものの中から、ボリューム的に大きいものを知る。そして、この学びを達成に落とし込んでいきましょう。

目標達成に必要なアイテムたちです。これらより遥かに少ないアイテムで達成出来る目標もあれば、ここに書ききれなかったアイテムが必要になる目標もあります。

グッズ/オンラインショップ

> グッズ紹介

> BASE店 > minne店 > SUZURI店

イベント関連

> 出展イベント

メルモールハック

> 概論・大綱

> 解説記事

MELL MALL

2014-2024 All Rights Reserved.

これらのアイテムを見て、目標達成に必要なのは「努力」「気持ちの強さ」だけではなく、ドライで泥臭い作業の繰り返しがほとんどだと分かります。加えて、目標を達成する人や組織は、必要なアイテム全てで100点満点を取れている訳ではありません。左のグラフのように、能力が足りていなくても運が強かった…などさまざまです。

ただ、アイテムたちの総合点は一定の合格ライン以上を満たす必要があることは共通してお

り、目標によっては何か特定のアイテムで例えば500点が必要なことも。

詳細(準備中)

自分が何かすれば・頑張れば出来そう

○○があれば解決しそう(協力など)

時間はかかるけど自分で出来そう

他者が関わる(信用・運など)

上記のアイテムで、自身でコントロール出来るもの・出来ないものに分けてみましょう。

他者は変えられませんが、自身でコントロール出来るものにベストを尽くすことで種まきになります。コントロール出来るものが出来ないものへ好影響・悪影響を与え、またその逆があるように、アイテム同士には相互作用があります。

詳細(準備中)

すべてのアイテムについて解説することは数が多く、それぞれの専門書を必要に応じて学んだほうが良いため、ここでは目標達成合格ラインに近付くための配点が高い、以下の4つのアイテムについてのみ解説します。

企画・立案

計画

実践

結果

最初は「挑戦数」です。目標に挑むことだけが挑戦ではありません。自身で課題を立て、それに対して計画・実践すること。そして結果…成功・失敗どちらも受けること。この数をこなすことに慣れましょう。「お客様感覚」から脱するためでもあります。

詳細(準備中)

P…計画

D…実行

C…結果検証

A…改善

次は「PDCA(PLAN-DO-CHECK-ACTION)」です。アイテムとしては「改善」です。ただやみくもに挑戦や作業の繰り返しではなく、少しずつでも良いので質を上げるためです。そして、PDCAの繰り返しの中で、目標に対する解像度が高まり、達成に近付きます。

詳細(準備中)

学習・経験

達成

全てが糧

種まき

次は「積み上げ」です。多くの方が学習や善行などを積み上げと認識していますが、目標達成においては、計画ステップの際にリストアップしたタスクやToDoを消化していくこと、挑戦の数を積み上げていくことが重要になってきます。

詳細(準備中)

熱意

営業

行動・素行

使い方

次は「印象」です。コントロールが難しいもののひとつですが、自身の普段からの身の振り方や言い回しが違えば、目標達成を目指す熱意のある人だと自然と思ってもらいやすく、加えて本人がアピール(営業)することにより、運さえも味方しやすくなります。

詳細(準備中)

目標に対して深刻になってはいけません。真剣になるのです。真剣と言っても視野が狭い状態ではなく、ゲームをクリアするにはどうしたら良いか…自分というキャラクターを操作する感覚で、俯瞰の目は忘れないようにすると良いでしょう。

補足記事

目標達成のためのアイテムも多く、コントロール出来ないものも多く、達成や成功への道のりが複雑で遠いように感じるかもしれません。逆に言うと、上手く行かない時はアイテムの中から原因を潰しやすくなります。そして、たくさんのアイテムの中でも、必須科目かつ配点の高いものについて注力することにより、総合点で合格ラインに近付きやすくなります。

トップメルモールハック>Doing(目標達成)